読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OpenStackのテストセットTempestをJenkinsから実行

以前の記事OpenStackテストセット Tempestのインストールとセットアップ - watariseinの日記の続き

前提としてJenkinsがインストールされていること されていない場合は以下を参考にインストールしておく

CentOS7にjenkinsをインストール - watariseinの日記

手順

Jenkinsに追加するプラグイン

  • Git Plugin

プロジェクトを作成するときに行う設定

以下のURLを、プロジェクトの設定でGitリポジトリに設定

https://github.com/openstack/tempest

f:id:watarisein:20151012232151p:plain

ビルド手順の追加 -> シェルの実行を選択して、以下のシェルを記述する ここでは、tempestのコンフィグファイルにkeystoneに必要な設定をsedを使って設定している

export PYENV_ROOT="/usr/local/pyenv"
export PYENV_BIN="/usr/local/pyenv/shims"
export PATH="${PYENV_ROOT}/bin:${PYENV_BIN}:${PATH}"
pyenv local 2.7.5
tox -egenconfig
cat etc/tempest.conf.sample | \
sed -e 's/#image_ref = <None>/image_ref = 68d82846-9a44-463b-b8e1-72775c84d116/' | \
sed -e 's/#uri = <None>/uri = http:\/\/192.168.1.41:5000\/v2.0\//'  | \
sed -e 's/#uri_v3 = <None>/uri_v3 = http:\/\/192.168.1.41:5000\/v3\//' | \
sed -e 's/#admin_domain_name = <None>/admin_domain_name = Default/' | \
sed -e 's/#admin_tenant_name = <None>/admin_tenant_name = admin/' | \
sed -e 's/#admin_password = <None>/admin_password = admin/' | \
sed -e 's/#admin_username = <None>/admin_username = admin/' > etc/tempest.conf
tox -eall -- --parallel tempest.api.identity

プロジェクトを保存して実行するとテストが走るので、しばらくすると完了する。

集計とかできるようにするにしなければ・・・