読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu16.04でCANONのプリンターMG8130を使うためのドライバーセットアップ

今回は、Ubuntu16.04 Desktop版で、CanonのプリンターMG8130を使うための環境セットアップについて説明します。

背景

Ubuntu16.04でcanon公式ページからドライバーをインストールすると、以下のようなエラーがでる。

    .../cnijfilter-mg8100series_3.40-1_amd64.deb を展開する準備をしています ...
    cnijfilter-mg8100series (3.40-1) を展開しています...
    dpkg: 依存関係の問題により cnijfilter-mg8100series の設定ができません:
     cnijfilter-mg8100series は以下に依存 (depends) します: libtiff4 ...しかし:
      パッケージ libtiff4 はまだインストールされていません。

    dpkg: パッケージ cnijfilter-mg8100series の処理中にエラーが発生しました (--install):
     依存関係の問題 - 設定を見送ります
    処理中にエラーが発生しました:

目標

Ubuntu16.04 Desktop版から、CanonのプリンターMG8130へ印刷できること

手順

ソフトウェアのダウンロード

  1. キヤノン:ダウンロード|ソフトウエアダウンロードにアクセスし、画面の案内に従って、目的の複合機を選択します。

  2. OSの一覧が表示されたら、Linuxを選択します。

  3. プリンタドライバとスキャナドライバの圧縮ファイルをダウンロードします(debianを選んでダウンロードしてください)。

  4. Ubuntu – precise の libtiff4 パッケージに関する詳細にアクセスし、自分のPCのアーキテクチャに合ったlibtiff4のパッケージをダウンロードします。アーキテクチャuname -aで調べます。以下に私の環境の例を記載します。

     $ uname -a
     Linux versapro 4.4.0-59-generic #80-Ubuntu SMP Fri Jan 6 17:47:47 UTC 2017 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
     # 64bitなので、アーキテクチャがamd64のパッケージを選択しました。
    
  5. ダウンロードしたパッケージをインストールします。

     $ sudo dpkg -i libtiff4_3.9.5-2ubuntu1.9_amd64.deb
    
  6. 1でダウンロードしたプリンタードライバーをインストールします。

     $ tar vxf cnijfilter-mg8100series-3.40-1-deb
     $ cd cnijfilter-mg8100series-3.40-1-deb/
     $ sudo ./install.sh
    
  7. 以下の画面が表示されるので、プリンターをネットワークに接続してEnterを押してください。

     #=========================================================#
     #  プリンターの登録
     #=========================================================#
     続いて、プリンターの登録を行います。
     プリンターを接続して、電源を入れてください。
     ネットワーク接続で使用する場合は、プリンターをネットワークに接続してください。
     準備が整ったら、Enterキーを押してください。
     > 
    
  8. 接続タイプを選択します。私はネットワークなので、2を押してEnter

     #=========================================================#
     #  接続方法の選択
     #=========================================================#
      1) USB 
      2) ネットワーク
     接続方法を選択してください。[1]2
    
     プリンターを検索しています..
    
  9. 表示された自分のプリンターの番号を押してEnter。

     #=========================================================#
     #  プリンターの選択
     #=========================================================#
     プリンターを選択してください。
     使用したいプリンターが表示されていない場合は、再検索[0]を選択してもう一度プリンターを検索してください。
     キャンセルする場合は、[Q]を入力してください。
     -----------------------------------------------------------
      0) 再検索
     -----------------------------------------------------------
     検出された対象プリンター (MACアドレス  IPアドレス)
     1) Canon MG8100 series (00-00-00-00-00-00 192.168.1.111)
     -----------------------------------------------------------
     現在の選択値:[1] Canon MG8100 series (00-00-00-00-00-00 192.168.1.111)
     番号を入力してください。 [1]1
    

あとは、表示に従って設定します。

最終的に以下のメッセージが表示されれば、ドライバーのインストール完了です。

    #=========================================================#
    インストールが完了しました。
    プリンター名 : MG8100LAN
    印刷時には、このプリンター名を選択してください。
    #=========================================================#

確認

確認と言っても適当なメモやWebページを印刷するだけです。

印刷する際に使用するプリンターは、ドライバーインストールの最後に表示されたプリンター名を選択します。

例ではMG8100LANとなっています。

まとめ

Windowsと違い面倒です。

ただ、プリンターは多々使うことが多いので、きちんと設定しておいたほうがよいですね。。

Ubuntu 16.04 ServerにRuby On Railsをインストール

Ubuntu 16.04にrbenvを使ってRuby On Railsを導入

環境

OS: ubuntu 16.04 64bit

$ cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04.1 LTS"

ruby: 2.3.1

rails: 2.4.6

手順

パッケージインストール

必要なパッケージをインストール

$ sudo apt-get install git -y
$ sudo apt-get install git-core curl zlib1g-dev build-essential libssl-dev libreadline-dev libyaml-dev libsqlite3-dev sqlite3 libpq-dev libxml2-dev libxslt1-dev libcurl4-openssl-dev python-software-properties libffi-dev

Rubyのインストール

Rubyのバージョン管理ソフト「rbenv」をインストール

$ cd
$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

初期化コマンドを記述しておく

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
$ exec $SHELL

ruby-buildのインストール

$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/plugins/ruby-build/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ exec $SHELL

rbenvでインストール可能なリストを表示

$ rbenv install -l

.
.
2.1.1
2.1.2
2.1.3
2.1.4
2.1.5
2.2.0-dev
.
.

rbenvで特定バージョンのrubyをインストール

$ rbenv install 2.3.1

アンインストールしたい時は以下のコマンド

$ rbenv uninstall 2.3.1

システムで使用しているrubyのバージョンを確認

$ rbenv global
system

現在はシステム標準のrubyが割り当てられているので変更する

$ rbenv global 2.3.1
$ rbenv global
2.3.1
$ rbenv rehash

gemをインストールした後のrbenv rehashを自動化する
このままではgemをインストールまたはアンインストールするたびにrbenv rehashする必要がある
これを自動化してくれるrbenv-rehashというgemがあるのでインストール
https://github.com/ryansouza/rbenv-rehash

$ gem i rbenv-rehash

Ruby On Railsのインストール

依存関係の解決のためNode.jsをインストール

$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_4.x | sudo -E bash -
$ sudo apt-get install -y nodejs

gemが自動で作成するri rdocドキュメントを無効化する

$ echo 'install: --no-rdoc --no-ri' >> ~/.gemrc
$ echo 'update:  --no-rdoc --no-ri' >> ~/.gemrc

railsのインストール(version 4.2.6)

$ gem install rails -v 4.2.6

ディレクトリごとにrubyのバージョンを指定する場合は以下

railsのルートディレクト

$ vi .ruby-version

2.3.1

PostgreSQLのインストール

公式リポジトリを追加し、最新のバージョンをインストール

$ sudo sh -c "echo 'deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ xenial-pgdg main' > /etc/apt/sources.list.d/pgdg.list"
$ wget --quiet -O - http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ACCC4CF8.asc | sudo apt-key add -
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install postgresql-common
$ sudo apt-get install postgresql-9.5 libpq-dev

DBにユーザーを作成

$ sudo -u postgres createuser hoge -s

# ユーザーにパスワードを設定する場合は以下
$ sudo -u postgres psql
$ postgres=# \password hoge

Railsプロジェクトの作成

SQLiteを使う場合 (性能的に非推奨)

$ rails new myapp

PostgreSQLを使う場合

# Note that this will expect a postgres user with the same username
# as your app, you may need to edit config/database.yml to match the
# user you created earlier

$ rails new myapp -d postgresql

# Move into the application directory
$ cd myapp

# If you setup MySQL or Postgres with a username/password, modify the
# config/database.yml file to contain the username/password that you specified

# Create the database
$ rake db:create

# rails s -b 0.0.0.0

アクセスを確認

以下のURLにアクセスできれば構築完了

http://<railsサーバーのIPアドレス>:3000

アンインストール

rubyRailsを消したい場合、 gem, apt-getで入れたものを削除することに加え以下を実行

$ gem uninstall railties '4.2.6'
$ rm -rf /usr/local/lib/ruby
$ rm -rf /usr/lib/ruby
$ rm -f /usr/local/bin/ruby
$ rm -f /usr/bin/ruby
$ rm -f /usr/local/bin/irb
$ rm -f /usr/bin/irb
$ rm -f /usr/local/bin/gem
$ rm -f /usr/bin/gem

豆知識

rbenvで特定のプロジェクトで使用するrubyのバージョンを指定する
$ mkdir rbenv-test
$ cd rbenv-test
$ vi .ruby-version
2.3.1を追記

これで、rbenv-testディレクトリの中ではバージョン2.3.1が使用されるようになる

rbenvのアップグレード
$ cd ~/.rbenv
$ git pull

参考

gorails.com

Ruby on Railsでleaflet-routing-machineを使う

Railsでleafleのプラグインleaflet-routing-machineを動かす。

まずはデモ

http://workshops.ddns.net/routes/new

環境

Rails: 4.1.8
ruby: 2.1.5p273 (2014-11-13 revision 48405) [x86_64-linux]
leaflet: v0.7.7

ソース

まずはrails

maps/show.html.erb

<%= stylesheet_link_tag 'leaflet/leaflet' %>
<%= stylesheet_link_tag 'leaflet-routing-machine/leaflet-routing-machine' %>


  <div id="map" class="map">
  </div>


<%= javascript_include_tag 'leaflet/leaflet' %>
<%= javascript_include_tag 'leaflet-routing-machine/leaflet-routing-machine' %>
<%= javascript_include_tag 'leaflet-routing-machine/Control.Geocoder' %>

読み込んでいるcssとjsはleafletとleaflet-routing-plugin 以下からダウンロードできる。

次にCSS 地図とルーティングの表示領域を定義

.map {
  height: 500px;
  width:100%;
}

.results {
    background-color: white;
    opacity: 0.8;
    position: absolute;
    top: 12px;
    right: 12px;
    width: 320px;
    height: 480px;
    overflow-y: scroll;
}

最後にjavascript

leaflet-routing-pluginで表示されるピン画像がデフォルトではうまく表示されないため 設定を変更する必要がある。

以下の例では、public/images/leaflet以下にピン画像がある場合を記載している。

var map = L.map('map');

L.Icon.Default.imagePath = (function () {
  var scripts = document.getElementsByTagName('script'),
      leafletRe = /[\/^]leaflet[\-\._]?([\w\-\._]*)\.js\??/;

  var i, len, src, matches, path;

  for (i = 0, len = scripts.length; i < len; i++) {
    src = scripts[i].src;
    matches = src.match(leafletRe);

    if (matches) {
      path = src.split(leafletRe)[0];
      return '/' + 'images/leaflet';   /*  ピン画像へのパス  */
    }
  }
}());

//ここからはチュートリアル通り
L.tileLayer('http://{s}.tile.osm.org/{z}/{x}/{y}.png', {
  attribution: '&copy; <a href="http://osm.org/copyright">OpenStreetMap</a> contributors'
}).addTo(map);

var control = L.Routing.control({

  createMarker: function(i, wp) {
    var options = {
        draggable: this.draggableWaypoints
      },
      marker = L.marker(wp.latLng, options);

    return marker;
  },
  waypoints: [
    L.latLng(35.46222222, 139.62444444),
    L.latLng(35.681298, 139.766247)
  ],
  geocoder: L.Control.Geocoder.nominatim(),
    routeWhileDragging: true,
    reverseWaypoints: true,
    showAlternatives: true,
    altLineOptions: {
        styles: [
            {color: 'black', opacity: 0.15, weight: 9},
            {color: 'white', opacity: 0.8, weight: 6},
            {color: 'blue', opacity: 0.5, weight: 2}
        ]
    }
}).addTo(map);

L.Routing.errorControl(control).addTo(map);

以上

【Ruby on Rails4】dropzone.jsを使ってファイルアップロード・削除機能を実装

はじめに

rails環境でdropzone.jsを導入してファイルアップロード機能を実装する

概要

まずはデモ画像

f:id:watarisein:20160610130046p:plain

実際の動作は以下から

http://workshops.ddns.net/albums/upload_photos/4160

dropzoneの説明は本家ページを参照

Dropzone.js

構成

Album has many Pictureの関係

事前準備

Gemfileに以下を追加してbundle install

gem 'dropzonejs-rails'

手順

アップロードフォームを作る

app/views/albums/upload_photos.html.erb
<h1>画像アップロード</h1>

<%= render partial: 'upload_photos_form',  locals: { album_id: @album_id } %>

<br>
<%= link_to 'アルバムへ戻る', {:controller => 'albums',:action => 'show_pictures'}, {:class => 'btn btn-default btn-sm'} %>
<%= link_to 'トップページに戻る',  {:controller => 'top_pages',:action => 'home'}, {:class => 'btn btn-default btn-sm'} %>

アップロードフォームを部分テンプレートとして作成。

app/views/albums/_upload_photos_form.html.erb
<%= stylesheet_link_tag 'dropzone/basic' %>
<%= stylesheet_link_tag 'dropzone/dropzone' %>
<style>
.dropzone {
  border: 2px dashed #b4bcc2;
  @include border-radius(4px);

  .dz-message {
    font-size: 16px;
    text-align: center;
    margin: 0
  }
}
</style>

<%= form_tag(@albums, class: 'dropzone', id: 'upload-dropzone', remote: true, authenticity_token: true) do %>
  <div class="fallback">
    <%= file_field_tag('picture[image]') %>
  </div>
<% end %>

<%= javascript_include_tag 'dropzone' %>

dropzoneの動作を定義するjsを編集する。

app/assets/javascripts/dropzone.js
Dropzone.autoDiscover = false;

var headlineDropzone = new Dropzone("#upload-dropzone", {

  url: "/api/v1/albums/upload_photo", // You can override url of form in here.

  params: {
    album_id: <%= album_id %>,
  },

  maxFilesize: 5, // in MB

  addRemoveLinks: true,

  parallelUploads: 2,

  acceptedFiles:'.jpg, .png, .jpeg, .gif', // type of files

  init: function(){

    this.on('addedfile', function(file) {

      // Called when a file is added to the list.

    });

    this.on('sending', function(file, xhr, formData) {

      // Called just before each file is sent.

    });

    //json is picture object whitch server return
    this.on('success', function(file, json) {
      // Called when file uploaded successfully.
      console.log(json);
      $(file.previewTemplate).find('.dz-remove').attr('id', json.id);
    });

  },

 removedfile: function(file){
     // grap the id of the uploaded file we set earlier
     var id = $(file.previewTemplate).find('.dz-remove').attr('id');
     var delete_file = file
     // make a DELETE ajax request to delete the file
     $.ajax({
         type: 'DELETE',
         url: '/api/v1/pictures/' + id,
         success: function(res){
           $(delete_file.previewTemplate).fadeOut();
         }
     });
 }

});

apiのルートを設定

  namespace :api, { format: 'json' } do
    namespace :v1 do
      post "albums/upload_photo"
      resources :pictures
    end
  end

画像を保存する処理を実装

app/controllers/api/v1/albums_controller.rb
  def upload_photo
    @picture = Picture.create(
                  #パラメーターを設定
               )
picture.save!

    render status: 200, json: @picture, nothing: true
   end

画像を削除する処理を実装

app/controllers/api/v1/pictures_controller.rb
  def destroy
    @picture = Picture.find(params[:id])
    @picture.destroy
    respond_to do |format|
      format.html
      format.json { render :json =>  true }
    end
  end

これで完成

【Jquery】【Ruby on Rails】select2でAjaxを使う

select2の説明は至るところにあるので省きます。

最初に作成したもののデモ

http://workshops.ddns.net/

手順

まずは、APIを返す側のコントローラーのルートを設定。 私はこんな感じ

# vi config/routes.rb
get "api/v1/addresses/select2"

コントローラーの設定

    # vi app/controllers/api/v1/addresses_controller.rb
    def select2
      if params[:term]
        @addresses = Address.where('full_text LIKE ?', '%' + params[:term].to_s + '%')
        @address = @addresses.page(params[:page]).per(params[:page_limit])
      end
      puts @address.count
      respond_to do |format|
        format.json {
          render :json => {
            :addresses => @address,
            :total => @addresses.count,
            :links => { :self => @address.current_page , :next => @address.next_page}
          }
        }
      end
    end

APIの返却値は以下のような住所を返すよう設計

{
    "addresses":[
      {"id": 10589, "state": "千葉県", "city": "松戸市", "street_number": "",…},
      {"id": 11030, "state": "千葉県", "city": "いすみ市", "street_number": "",…},
      {"id": 11253, "state": "千葉県", "city": "印西市", "street_number": "",…},
      (略)
    ],
    "total": 2219,
    "links":{
      "self": 1,
      "next": 2
    }
}

次にJavaScript

  $("#address-search").select2({
    ajax: {
      url: "http://workshops.ddns.net/api/v1/addresses/select2",
      dataType: 'json',
      delay: 250,
      data: function (params, page) {
        return {
          term: params, // ?term=params
          page_limit: 10,
          page: page,
        };
      },
      results: function (data, page) {
        var more = (page * 10) < data.total;                
          return {results: data.addresses, more: more};
      }
    },
    formatResult: addressFormatResult,
    formatSelection: addressFormatSelection, 
    minimumInputLength: 1,
  });
  
  function addressFormatResult(address) {
    var markup = "<table class='address-result'><tr>";
    markup += "<td class='address-info'><div class='address-value'>" + address.state +' '+ address.city + "</div>";
    markup += "</td></tr></table>"
    return markup;
  }
  
  function addressFormatSelection(address) {
     return (address.state + ' ' + address.city);
  }

最後にフォーム

    <input type="hidden" name="address" id="address-search" placeholder="東京">

以上

Ruby on RailsでSEO対策【meta tag】

facebookでogpなる設定が必要(今更。。)なので、content_forを利用して設定してみる。

たとえば、album#showページで個別に設定したい内容があったとして、以下のように記述できる。

# vi app/views/album/show.html.erb

<% content_for :ogp do %>
  <meta property="og:title" content="<%= @album.title %>" />
  <meta property="og:type" content="article" />
  <meta property="og:url" content="<%= @album.url %>" />
  <meta property="og:image" content="<%= @album.image %>" />
<% end %>

あとは共通レイアウトに以下を記述するだけ。

# vi app/views/layouts/application.html.erb

<head>
  (略)
  <!-- meta tag for each page -->
  <%= yield :ogp %>
  <%= csrf_meta_tags %>

  <%= stylesheet_link_tag "application", :media => "all" %>
  (略)
</head>

以上

【Ruby On Rails】 URLにドットを含める場合の設定

railsのurl_encodeでは、スラッシュなどはエンコードされるが、ユーザー検索などでドットが入るとルーティングなどでエラーになってしまう。 Segment Constraintsを使えば、ドットを含んだURLのルーティングが可能になる。

以下に設定例を記載する。

# vi routes.rb
 get 'user/:user_name'  => 'user#show', constraints: {user_name: /.*/}

以上